自転車通勤とランナーズハイ

自転車通勤とランナーズハイ

最近、自転車で会社まで通勤する人が増えているそうです。

理由はいくつかあるのですが、まずは交通費がかからない。
会社から交通品だけもらって実際、自転車で通勤すれば費用が浮きます。
それは会社として○か×かはわかりませんが。

それと体力作りになることです。
社会人として働いて数年経てば体は運動不足になり、加齢ともあいまってどんどん
太ってきたり、おじさん体型一直線になります。

それを通勤を自転車にすることで通勤の時間をつかって運動ができるわけです。
そのような理由から自転車通勤が注目されています。



最近はランニングする人も増えていますからね。
よく公園などで早朝にランニングをする人もよく見かけます。

ランナーズハイという言葉も聞きますね。ランナーズハイとはマラソンなどで
長時間走り続けると気分が高揚してくる作用でエンドルフィンとよばれる脳内で
機能する神経伝達物質の効果だそうです。

モルヒネと同様の作用を示し、特に脳内の報酬系に多く分布し内剤性鎮痛系にかかわり
多幸感をもたらす。そのため脳内麻薬と呼ばれる事もある。
2人以上で走ると効果が高いらしい。

また性行為をすると、β-エンドルフィンが分泌される。β-エンドルフィンには
鎮痛作用がある。

copyright(C)なるほど精力剤