女性用精力剤

女性用精力剤

精力剤というと男性が使用するという印象ですが、女性用の精力剤もある
そうです。
女性用の場合は精力剤というか媚薬とよばれるもの。

媚薬は昔から世界で作られているらしく特にインドや中国のものは有名だそうです。
日本にも中国から伝わり、植物を利用した山薬、鹿茸、肉蓉や動物を利用したイモリの
黒焼きなどがあります。

女性用媚薬は、女性特有のオーガズムが感じられない、不感症、濡れてこないなどの
症状を改善し性欲を高めるためのものです。
また女性を口説く催淫剤などもあります。



これらは免疫力を向上させたり性機能をアップさせて体調を改善する強壮剤のようなもの
が多いのでそれほど副作用の心配はないようです。

媚薬には飲むタイプと塗るタイプがあり、飲むタイプは好きなドリンクに1〜2滴入れて
飲み、15〜30分ほどで体が火照り始め、感覚も敏感になってきます。

塗るタイプはセックスの直前に性器に塗るため即効性に優れています。

媚薬の成分は主にガラナ、ナツメグ、パッションフラワーがあります。

ガラナには神経を敏感にする働きがあるので媚薬に配合されるだけでなく、興奮剤としても
使用されています。

ナツメグは料理のスパイスとして使用されるナツメグには媚薬の効果もあります。

パッションフラワーは脳内のドーパミンを増やす効果があります。

copyright(C)なるほど精力剤